スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-古都が銀世界-
とうとう京都に雪が降りましたね。
朝、家の中が何かいつもより明るい感じがして、しかも今日は土曜日で普段より静かなんだけど、今日はそれ以上に静かな気がして!もしかして雪が降っているのではないかと思い、窓を開けたら、なんと降っているではないか。
最初は嬉しいやら楽しいやらで、ウキウキとはしゃいでた(年甲斐もなく!)のですが、今日は打ち合わせの予定が入っていることに気づき、「どうしよう?」と現実に戻ってしまった。
僕は、北陸の生まれなので小さい頃から雪には親しんできたのですが、久しく雪を見ていなかったせいか感無量。雪は世の中の汚いモノをすべて覆い隠してくれます。その長くは続かない、幻想的なその「時」が僕は好きだ。木々が雪を被り、動物や人かと思うようなおもしろい形に変形していたり、和風の家々がこの時だけ北欧の家並みと風情を想像させてくれたり。
雪が降る音を「しんしん」と言ったりしますが、雑音が全く聞こえず耳を澄ませればまさにその音が聞こえてくるのです。(僕だけかな?)
いつもいろいろな方の家を設計していますが、庭に雪が降る光景を手に取るように見ることの出来る大開口のある家はいいですよね。姿勢を正し、じっと見ていると神聖な気持ちになってしまいます。(また、あのような家を設計したいなぁ!)
人は同じ空間を体験しても、それぞれ感じ方は違います。そのズレを解消することは出来ません。そのズレを活かす建築。家族がそれぞれ自分に合う快適な居場所を見つけることができる住空間。家族が個々に違う刺激を受け、そこに生きた語らいが生まれる。時代が進み、人の生き様も様々。これからは住空間が与える影響は想像以上に大きいような気がします。(あっ、ついつい仕事の話になってしまった。)
結局、今日の打ち合わせは雪のため中止になってしまいました。(あ~、仕事が遅れる~!)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 建築家のひとり言. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。